我々JaskSCジュニアユースはサッカーの「強化」だけが目的では、ありません。。。

昨今の

クラブチームでは、「週に4日以上7日未満」の活動が当たり前です。

部活ではサッカー経験者が指導できない現場があります。


JaskSCジュニアユースの活動は

平日のトレーニング2回

土日の活動は、どちらか1回の活動となります(土日に公式戦が入る場合は両日の活動になります)


中学生は多感な時期です。だからこそ、色々な経験が必要です。

サッカーも全力で、勉強も全力で、友達との時間も重要で、家族との時間も重要です。

「その色々な重要なものの一つとしてサッカーがある」という考え方です。

すべてが中学生年代にとって重要で必要な経験です。


そういった考えの基

我々はJaskSCジュニアユースを立ち上げました。

その重要なものの一つである「サッカー」でお腹いっぱいになって欲しくないのです。


だからといって、中途半端ではいけません。

限られた時間の中でどのように過ごすか。

量ではなく質をこだわります。


限られた時間のなかでは、自ら考える必要があります。

限られた時間のなかでは、即座に決断しなければいけません。

限られた時間のなかでは、集中して物事を取り組まなければなりません。


我々JaskSCジュニアユースでは、その限られた時間のなかで、「自立」を促します。

現代の多様化した社会には、絶対に必要な能力であると考えます。


このクラブを巣立ったときに、また社会に出たときに、

自らで行動を起こす、リーダーとなる「人」を育成したいと考えております。

そういった趣旨でこのクラブを立ち上げます。


賛同いただける、保護者の皆様、選手の皆さん、ぜひ一度、体験にお越しください